2010年01月17日

「密約」取りまとめ延期=外相経験者から聞き取りも−有識者委(時事通信)

 日米間の核持ち込みなどの「密約」問題を検証している外務省の有識者委員会(座長・北岡伸一東大教授)は12日までに、当初予定していた1月中の報告書の取りまとめ時期を2月下旬に延期することを決めた。密約の存在を確認する文書の精査や同省OBら関係者からの聞き取り調査に時間がかかっているため。
 同省のこれまでの内部調査で、米軍の核搭載艦船や航空機の寄港・通過の黙認と、朝鮮半島有事の際の在日米軍基地の自由使用に関する密約の存在を裏付ける文書を確認。また、沖縄の核再持ち込みに関する密約文書を、佐藤栄作元首相の遺族が保管していたことも明らかになった。
 有識者委員会では、これらの資料を基に、密約が交わされたとされる当時の時代背景を分析するとともに、現在も効力を有するかなどを検証しているが、関係文書が多岐にわたり、解明が遅れているのが現状だ。同委では作業を促進させるため、今後は歴代の外相経験者からの聞き取り調査も検討する。北岡座長は近く、岡田克也外相にこうした方針を報告する。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト

エコカー減税に懸念=米国務長官−日米外相会談(時事通信)
橋下知事「首長や議員と新しい政治グループ」 数人が賛同(産経新聞)
マイレージ保護など表明=日航更生法適用で−支援機構(時事通信)
<強盗>2人組の男110万円奪う 山梨県都留市の牛丼店(毎日新聞)
<縫い針>刺し身とうどんから見つかる 埼玉のスーパー(毎日新聞)
posted by kjsxi9ioqtj0nvg3g at 07:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。